ナースみどりのブログ

ナースの仕事、健康管理、プライベートのことなど、自由気ままに語るブログです。

激務でも元気に仕事をこなすためにしていること

私は看護師になる前、こんなに夜勤が
多く、体力的にも激務な仕事が7年も続けられると思っていませんでした。


定時であがれて16時間30分、事前の準備や残業を含めると20時間
くらい勤務することが多いです。


3年続けられたら御の字。

5年も続けられたら奇跡!

くらいに思っていたのに、気づいたらもう7年。

意外とできるものだと、自分で言うのも
なんですが、自分を褒めたい気分に
なりました。


とはいえ、体調管理には気をつけたり、体力を維持するための工夫はしています。


私なりに気をつけていることをまとめてみたいとおもいます。

夜勤前は十分な睡眠をとる

これ当たり前のことですが、人によっては、夜勤の日の午前中に友達とランチに行ったり用事を済ませたり、朝早くから動いてる方も多いですが。

私は夜12時くらいには寝て、朝7時くらいに一度起きて朝食を済ませ、家のことを少ししてから9時から13時くらいまで寝る。

そして起きてから昼食を作り、食べてゆっくりしてから15時くらいに家を出ます。

夜勤の日のでも、なるべく朝起きて食事をとったり、寝すぎて逆に身体がだるくならないよう工夫しています。


また、私のように片頭痛もちの方の場合、長時間睡眠によって血糖値が下がり、片頭痛発作を起こしやすくなるため、必ず一度起きて何か食べるように
しています。


夜勤をすることは、どうしても生活のリズムを崩してしまうことになるけど、
その中でも、睡眠時間や食事の時間
、内容を工夫するだけで、疲れやすさが全然違ってきます

ペットボトルのお茶、清涼飲料水は飲まない

私は人工的な甘さが大嫌いで、ペットボトルのお茶、コーラや午◯の紅茶等の飲み物は一切飲まないです。

お茶は甘くないですが、保存料や着色料等、化学的な感じがして、本能的に拒否反応を起こしてしまいます。


特に清涼飲料水は、なんと500mlに、スティックシュガー20本分の砂糖が含まれているものも多いと言われています。

これだけ多くの砂糖をとっていると、
肥満の原因になるだけでなく、ペットボトル症候群のリスクにもなります。

ペットボトル症候群とは

スポーツドリンクや清涼飲料水などを
大量に飲み続けることによって起こると言われている、急性の糖尿病。

20〜30代の若い人に多いと言われています。

症状としては

  • 喉の渇き


  • 倦怠感


  • 集中力の低下


  • 頻尿

さらに重症化すると、意識障害なども
起こるとても怖い病気です。


知らず知らずのうちに、多量の糖分をとってしまう清涼飲料水。


甘いものを食べたり飲んだりすると、疲れが取れるように感じますが、取りすぎは逆に
疲れてしまうので気をつけましょう。

効率よく運動する

看護師の仕事は、本当に体力を使います。

患者さんを車いすに乗せたり、体格の大きい患者さんの体の向きを変えたり。

仕事をしているだけで筋トレになりますが、普段からトレーニングをしていると、
疲れにくくなります。

私はストレス発散にもなるキックボクシングや加圧トレーニングをしています。

特にキックボクシングはストレス発散にもなるからおススメ♪





キックは本当にスカッとして気持ちいい!

日本初上陸のパーソナルトレーニング【exercisecoach】

ここ、すごい効率よくトレーニングできそうで、私が関西に住んでたらぜひ行ってみたいなぁ^ ^